王妃の白珠の正しい使い方【たった5分の簡単美白パック】

化粧品や美白パックなどなんでもそうなのですが、間違った使用方法で使ってしまうと商品本来の効果が得られません。

 

今回は王妃の白珠の正しい使い方をブログ記事にしました。

 

こちらのブログを読んでくれた方が王妃の白珠を使って、美白効果のみならず肌がつやつやに美しくなって欲しいと思います。

 

 

では王妃の白珠の正しい使い方を簡単3stepで見ていきましょう。

 

1.メイクを落とす

メイクを落とすときのポイントは、ゴシゴシしないこととふんわりした泡を作ること。そして、作った泡で優しくマッサージをするようにメイクを落としていきます。

 

特に顔のくぼんだ部分は汚れやメイクが落ちにくいので指の腹で落とすようにします。
目頭、目尻、小鼻の周辺、こめかみや額周辺、フェイスラインは見落としがちなので気をつけましょう。

 

最後に優しくすすぎ汚れや泡が残っていないかを確認し、タオルドライします。

 

ふんわりとした泡の作り方

洗顔フォームを泡立てます。
この時、泡立てネットを使って泡立てると、密度の高いもっちりとした泡になります。

 

2.王妃の白珠を手にすくいます

だいたい、さくらんぼ大2個分を使います。
手に取ると多い量に見えるのですが、少なくとってしまうと色むらになってしまったり乾燥してしまったりするためココは意を決してケチらずに使います。

 

 

3.顔に塗ります

目や口の周りを避け、顔から胸元までたっぷりと塗り、5分待ちます。
5分は何もしないと飽きるので歯磨きをしたり、ストレッチ、テレビを見る、ネットを見るなどして過ごすとあっという間です。

 

美白パックを乾燥させない方法!

お風呂で使用するのもありです。
湯舟で浴室内が湿り気を帯びるため、乾燥しにくくなります。
湯船につかりマッサージをする、半身浴をするなどして過ごしても良いですね。

 

王妃の白珠は、長くパックをすれば効果が得られるわけではありません。
逆に肌が乾燥し、シワやくすみが強くなるためパックの時間を守りましょう。
もし、パックが乾いてきたなと思ったらパックの量を付け足すか、一旦パックを洗い流すことが必要です。

 

4.洗い流します

最後に水またはぬるま湯で、優しく洗い流して完了です。

 

ティッシュオフしても良いのですが、ティッシュで肌を擦ってしまうと肌に刺激が伝わり敏感になるためおすすめはできません。
なるべく肌に負担のない方法で綺麗に洗い流しましょう。

 

王妃の白珠は全身に使えます

王妃の白珠は、顔以外にも全身に使用できます。
肘、膝、脇、アイラインなどデリケートゾーンの黒ずみなど気になる箇所にも使用できます。
ただし、粘膜には使用しないでください。

 

 

 

王妃の白珠の正しい使用方法を身につければ、肌が簡単にたった5分で美白出来ますよ!
しかも沖縄産のくちゃという美容成分が毛穴の黒ずみ、毛穴の引き締め、美肌効果やうるおい効果をもたらしてくれます。